インドのナプキン事情!旅行中に生理になったらどうすればいい??やぎ(インドインターン日記 vol.163)

カテゴリー:インターン生日記 / インドお役立ち情報

 

こんにちは、やぎです。

 

最近お気に入りのスキニージーンズをまた履き始めました。

 

というのも、500円玉3,4枚分の穴がお尻に開いていたため、お気に入りではあったものの履いていなかったためです。

 

それを昨日いつも行っているテイラーで直してもらいました。

 

最初は無理だよと言われましたが、なんとか布をつけてもらって直してもらえました!

 

それがこちら。

 

 

 

 

なんでマラドーナなのかはわかりません。多分そこにあったからです。

 

今日からまたこのお気に入りのジーンズを履いて頑張っていきます!

 

 

 

 

さて、今日はインドの生理事情について。

 

 

インドでのパッドの普及

 

 

インドのナプキン、最近映画にもなりましたよね。

 

愛する妻のために、商用パッド(ナプキン)の3分の1もの低コストで、衛生的な製品を製造できるパッド製作機を発明した”アルナーチャラム・ムルガナンダムさん”のドキュメンタリー映画「パッドマン」です。

 

映画の中でも、「生理」を知らぬ主人公が妻に質問をして、嫌がられる場面が。

 

またマヌ法典にも

 

・月経中の女性が触れたものに触れてはいけない

・月経中の女性が触れたものを口にしてはいけない

・月経中の女性に触れてはならない

・月経中の女性は汚れているのが、月経後、沐浴することで浄化される

 

というようなことが書いてあります。

 

インドではナプキンが普及するまで、月経中は布切れを使ったり、家族と離れて一人過ごしたり、とにかく女性が「月経」でとても大変な思いをしていました。

 

その時代もナプキンはありましたが、とても高額だったそう。

 

 

 

ですが今では、インドでも6つ入りで25ルピーのナプキンが売っています!

 

このおかげで女性も手軽にナプキンを使うことができるようになりました。

 

また2015年から、日本のNGO「Girl Power」によってインドの少女を対象に衛生教育や布ナプキンを提供する「Happy Pad Project」というプロジェクトも発足し、 インドにおける女性の「生理」への理解が高まっています。

 

 

どこで買えるの?

 

 

 

実はインドは日本と同じくらい、ナプキンを手軽に買うことができちゃうんです!!

 

どこの、どんなに小さなお店でもだいたい置いてあります!

 

 

 

私は何度もインドのお店でナプキンを買ったことがありますが、

 

店主はだいたい男性。

 

でも一度も嫌な顔をされたことはありませんし、こちらが「種類を見せて」というと快く全て目の前に持ってきてくれました。

 

 

 

とにかく、薬屋や文房具屋など専門のお店でない限り、どのお店でもナプキンは買うことができます。

 

もしインド旅行中に生理になった時は、ちょっと汚そうな小さなお店でも、

「パッドはありますか?」と聞いてみてください!

 

 

どれくらい種類があるの?

 

私はインドに住んでいる間はインドのパッドを使っているのですが、

 

田舎でもよく見るのはこちら。

 

1.「Whisper」

 

 

値段は6つ入りで25ルピー(およそ38円)。

一枚あたり4.1ルピー(およそ6円)

 

大きいので漏れる心配もなく、安心して使えます!

 

しかし写真のものは、日本の折りたたみの形ではなく、開いた状態(長細い)で売っているため、嵩張ります、、。(ビシュナプールではこのサイズのものはこれしか見つけられなかった、、)

 

持ち運びには向いていません。

 

もちろんこのブランドのもので、折りたたみの形のものもありますから!

 

そちらを試してみるのもいいかと。

 

 

 

2.「Stayfree」

 

 

 

 

値段は20枚入りで74ルピー(およそ113円)です。

一枚あたり3.7ルピー(およそ5.6円)

 

こちらもよく見かけます。結構薄いのが特徴ですかね。

 

もちろんサイズにもよるかと思いますが、同じサイズでも、先ほど紹介した「Whisper」よりは薄いイメージがあります。

 

またこちらは全て折りたたみの形を取っていました。

 

 

 

コルカタでいつも買うのは、こちら。(ビシュナプールでは見たことがない)

3.「Sofy」

 

 

 

 

値段は30枚入りで250ルピー(およそ383円)

一枚あたり8.3ルピー(およそ12.7円)

 

今まで紹介したものより少し高いですね。

 

さすがユニ・チャーム。

 

一番ふわふわで、肌に優しい感じがします。

 

インドは夏場には40度を超えるため、他のナプキンは時々蒸れを感じますが

 

このナプキンは吸水もいいしふわふわサラサラで最高です。

 

値段は全く気になりません。

 

 

 

以上3つのブランドを紹介しましたが、インドにはもっとたくさんあります!

 

ぜひ試してみてください!

 

インドのナプキンのいいところ

 

 

インドのパッドには、日本のナプキンには無いいいところが2つあります!

 

 

  1. 安い

 

これは、やはりインド。日本のブランドでもやはり安いです。

それにSofyは日本で買うものと品質は変わらないかと。

 

インドでたくさん買っておくのもいいかと思います!

 

 

 

 

  1. いい匂いがする

 

これ、日本との大きな違いじゃ無いですか?

実はインドのナプキンはどれもいい匂いがするんですよ!!

 

正直インド人の香水はきついなぁなんて思っていた私ですが、

 

ナプキンからいい匂いがすると嬉しい!!

 

生理中の嫌な匂いも幾らか軽減されます、、、。

 

何よりも、トイレに行った時にいい匂いがするのがとても快適です!

 

 

インドのナプキンの注意点

 

 

ここまで、インドのナプキンの良いところを挙げてきましたが、

 

インドのナプキンにもやはり欠点があります。

 

それは、安いナプキンはビニールのような化学物質でできているため、肌に触る部分が蒸れやすいこと。

 

インドに住んでいる私の周りの日本人女性は、日本から持ってきたナプキンを使用しています。

 

それは蒸れることで痒みが生じたり、かぶれてしまったりするからだそうです。

 

 

これは個人差があるかと思いますので、皆さんも自分に合うナプキンが見つかることを祈るばかりです。

 

 

 

 

さて、ここまでインドのナプキンについて紹介してきました。

 

きっとインド旅行中に生理が来ても困ることはあまり無いかと思います!

 

一番困るのはトイレが無いことの方かもしれません、、。

 

インドには綺麗なトイレはほとんどありません。

 

いいですか、本当に、ほとんどありません

 

ナプキンどころの話では無いですね(笑)

 

 

そのため、旅行中に生理が来たら「行きたい場所にトイレがあるかどうか」を絶対に確認したほうがいいです。

 

または遊園地で観光したり、近くに大きなモールやホテル・映画館のある場所で観光することをお勧めします。

 

では、生理でも素敵なインドの旅ができることを祈っています!

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************