クラウドファンディング実施中!目標金額を達成しました!

カテゴリー:NPO法人わぴねす / インドワークキャンプ団体namaste!

 

先日のブログでもお知らせしたように、わぴねすでは現在クラウドファンディングを実施中です!

 

クラウドファンディング始動!ロックダウン下で困窮しているインドハンセン病コロニーの人々へ食料を届けます!

 

 

みなさまのご支援により、なんとプロジェクト公開から9日で目標金額を達成することができました!ご協力いただき誠にありがとうございました。

みなさまに支援いただいた資金はハンセン病コロニーの人々を守るため、大切に使わせていただきます。支援の様子は今後活動報告でお知らせいたしますので、ぜひご確認ください。

 

 

 

目標金額は達成しましたが、より多くの人々に支援を提供するためにも残りの約2週間、NEXT GOALの90万円達成を目指し、プロジェクトを継続していきます。

より多くの人に知っていただけるよう、SNSでの拡散などご協力いただけると幸いです!

 

 

 

現在のインドの状況

 

 

日本では行動規制が徐々に緩和され、ついに県を跨いだ移動も許可されるまでになりました。

インドでも規制は徐々に緩和されており、本日7/1からは、アンロック2.0と呼ばれるフェーズに入っています。

 

 

 

私たちが活動する西ベンガル州では、州政府から6月末までロックダウンの延長が発表されていましたが、結婚式やお葬式は25名までであれば開催できたり、ショッピングセンターやレストランも運営を再開し、かなり規制が緩和されてきています。

依然として、インド国内の感染者数は毎日1万人以上のペースで増加しており、研究者の感染のピークは11月中頃であるとの見解も新聞で報道されています。

この先の政府が規制緩和状態を維持するのか、もしくは再度規制を強化するのかわかりませんが、どちらにせよ低所得者層が経済的・健康的な大きな打撃を受け続けることになるでしょう。

 

 

 

ロックダウンにより、仕事がなくなったことで収入が激減し、毎日の暮らしが極めて厳しくなっている人々がハンセン病コロニーには多くいます。

また、中にはこの厳しい状況下で家族の健康状態悪化し、さらに厳しい状況の中で必死にいきている人たちがいます。

 

 

 

仕事が再開し、これまでのように収入を得られる日まで、少しでもハンセン病コロニーに住む人々の暮らしがよくなるように、できる限りのサポートをしていきたいと考えています。

これからも応援、よろしくお願いいたします!

 

 

 

クラウドファンディングページはこちら