新型コロナウイルス感染症拡大の影響について

カテゴリー:NPO法人わぴねす

 

皆様

ご無沙汰しております。

理事の檜山です。

 

現在インドではロックダウンが全州で実施されておりますが、

インドは感染者数、死者数共に右肩上がりとなっており、

先行き不透明な状況が続いております。

 

また先日ロックダウンの延期(5月3日まで)も発表されました。

上の画像は政府による食料の配給の様子です。

 

町中を消毒する様子@ビシュナプール

 

コロニーの人々は仕事が一切できない状態ではありますが、

政府からの食料の支給や現地の団体により援助を受けており、

十分ではないが生活は出来ているとのことでした。

 

食料の配給の様子

 

わぴねすがハンセン病コロニーで実施しているTOTOレンタルプロジェクト、

マイクロローンプロジェクトはすべて活動停止している状態です。

 

TOTOレンタルプロジェクトは有償でのレンタルとしていましたが、

ロックダウン期間のレンタル料はもちろん無料とし、

ローンプロジェクトに関しては返済猶予期間としています。

 

またワークキャンプ事業は、通常2月3月は日本人学生や

社会人参加者の渡航期間でしたが、活動を中止致しました。

次の渡航時期も現時点で未定です。

 

今後インドでの活動再開は細心の注意を払い、

実施して参りたいと思います。

 

皆様も大変な状況ではありますが、

お身体にはくれぐれもお気を付けください。

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************