インドにはどんな習い事があるの?その現場に潜入!~アートスクール、テスト編~ わたなべ (インドインターン日記 vol.62)

インドにはどんな習い事があるの?その現場に潜入!~アートスクール、テスト編~ わたなべ (インドインターン日記 vol.62)

みなさんこんにちは、ゆーきゃんです。

 

実は先日、アートスクールのテストをしているところにお邪魔してきました!

 

 

 

現地スタッフの1人(私たちはスボちゃんと呼んでいます)がそこの先生をしており、私たちを招待してくれたんです!

 

前には代表理事の梶田さんや理事の檜山さんも参加したことがあるそうです。

 

今回のブログではその様子を綴っていきたいと思います!

 

 

 

 

私たちがお邪魔したのは、「ART BIKASH KENDRA Art Institute」という名前のアートスクールのテストの時間。

 

 

 

 

実はこの日は年に1回の最終テストだそうで、進級がかかった大事なテストだったようです。

 

 

 

このアートスクールは子供たちに向けて開校されているもので、今回集まっていた子供たちは割と年齢が低めな子供が多い印象でした。

 

普通の学校での勉強とは別のもので、日本でいう習い事のようなものだそう。

 

インドでは小さいうちからアートスクールに通わせることはさほど珍しくはないとスボちゃんが話していました。

 

 

 

今回集まった生徒は約80人!多いですね…!

 

テスト開始前。みんな集まっているところ。

 

 

実は最終テストなのに6人ほど欠席してしまったようです(笑)大丈夫なのでしょうか…。

 

 

 

このアートスクールにはクラスが5つあるらしく、下からjunior、maddha、1st year、2nd year、3rd yearとなっています。

 

今回のテストはひとつの部屋で全てのクラスの子供たちがテストを受けており、クラスによって課題の絵が異なっていました。

 

 

 

ちなみに「ART BIKASH KENDRA Art Institute」はひとつの学校を指すのではなくグループのことで、今回集まった子供たちも普段はいくつかのスクールに分かれて勉強しており、テストだけは一か所に集まって受ける仕組みなのだそうです。

 

そんなテストが開催されたのはちょうど私たちの住むオフィスから徒歩で行ける距離の場所。

 

参加させてもらえてラッキーでした!

 

 

 

 

この日は朝の8時に集合。

 

8:20からテストが始まりました。

 

 

 

実は8時集合のはずなのに遅刻してきた生徒も何人かいましたが、試験時間が短くなってしまうもののテストは受けさせてもらえるようでした(笑)

 

テスト時間は約1時間半です。

 

 

 

子供たちはみんな真剣に絵を描いていて、しかもとっても上手!!

 

私は絵心がないのでうらやましくなってしまいました(笑)

 

 

 

最初は鉛筆で絵を描いて、そこに色を付けていっていました。

 

鉛筆で下描きをする女の子。

 

 

多くの子供たちはクレヨンを使って着色していましたが、なかには絵具を使っている子供も!

 

絵具で着色する男の子。

クレヨンで色を塗り終えた男の子。

 

 

みんな思い思いの方法で、のびのびと絵を描いていました。

 

 

 

テストの途中で、なにやら先生が生徒を呼び出し始めたと思いきや、生徒が自分のスケッチブックを持って先生の元へ。

 

 

 

どうやら今回のテスト時間で描いた絵だけではなく、普段描いている絵も評価対象になるようでした。

 

私も一緒に子供たちのスケッチブックを見させてもらったのですが、風景画を描いている子が多かったです。

 

2nd yearの女の子はディズニープリンセスの絵をたくさん描いていて、とても微笑ましかったです!(しかもすごく上手)

 

 

 

 

そして、1st year以降の生徒は、実技試験に加えて口頭試験も!

 

 

 

先生が出す問題にその場で答えるという内容でした。

 

問題の紙がすべてベンガル語で書いてあったので詳しくはわかりませんでしたが、どうやらインドのアートや建造物に関する設問だったようです。

 

 

 

 

そして9:40頃、絵を描き終えた生徒からそれを提出して解散です。

 

一人一個ずつ、おやつ(バナナとお菓子の詰め合わせ)をもらえることになっているようで、ちゃっかり私たちもいただいてしまいました(笑)

 

 

 

 

これにて試験終了です!

 

 

 

 

今回は、あまり知る機会がないであろう、インドのアートスクール事情をお届けしました。

 

今回参加させてもらったのはテストの日でしたが、普段のクラスはどんな感じなのだろう…?と気になったので、見せてもらえないかスボちゃんにお願いしてみようかなと考えています。

 

もし実現した時には、普段のクラスの様子もブログで紹介したいと思いますのでお楽しみに!

 

 

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************