安い航空券がゲットできる!エアアジアの特徴と利用時の注意点! わたなべ(インドインターン日記vol.101)

安い航空券がゲットできる!エアアジアの特徴と利用時の注意点! わたなべ(インドインターン日記vol.101)

 

みなさんこんにちは、ゆーきゃんです。

 

しばらくコルカタで休養を取っていましたが、先日ビシュナプールに戻りキャンプ準備やら就労支援関係やらでバタバタしている毎日です。

 

 

 

さて、チャクドラとマニプールではキャンプが終わりましたが、これからリサーチキャンプが始まります!

 

キャンパーはすでにインドに到着しており、13日からコロニーでの活動が始まるので、とてもワクワクしています!

 

渡航に際してはもちろん飛行機に乗る必要があるわけですが、今夏のキャンプではどのコロニーのキャンパーもエアアジアを使って渡航しました。

 

そしてインターン生である私とやぎちゃんも今回の渡航にはエアアジアを使いました。

 

 

 

実は今までキャンプの際に利用していた航空会社は、ほとんどの場合は中国東方航空、たまにタイ国際航空だったんです。

 

そこで今回のブログでは、エアアジアを使ってみた感想と利用時に気をつけたいなと感じたことを紹介していきたいと思います!

 

(画像は全てエアアジアHP: https://www.airasia.com/ja/jpからお借りしました)

 

 

 

 

*エアアジアって?

 

エアアジアは、マレーシア生まれの格安航空会社(LCC)です。

 

ハブ空港はマレーシアにあるクアラルンプール国際空港で、そこを中心としてアジア全体にネットワークを広げています。

 

エアアジアグループには、エアアジア・ジャパン、タイ・エアアジア、エアアジア・インディアなど8つの航空会社があります。

 

日本からインドへ渡航する際は、一度バンコクのドンムアン空港での乗り換えが必要になります。

 

 

 

 

*フライトの予約

 

エアアジアの飛行機の予約は、ネット予約が基本。

 

エアアジアのホームページからフライトの検索や予約が可能です。

 

 

 

 

フライト検索結果から希望のフライトを選択すると、オプションの選択ができます。

 

 

便利なセットもあります

 

 

 

エアアジアはLCCなので、座席指定や荷物の預け入れ、機内食など、基本的に全てのサービスに別料金がかかります。

 

そのため、このオプション選択のところでつけたいサービスを選ぶ必要がありますが、自分の旅程に合わせて必要なサービスだけを付与することができるので便利です。

 

ちなみに、フライトの予約時にオプションをつけ忘れた、あとから必要になってしまった、などという際には、フライトまでにホームページからオプションの追加が可能です。

 

しかしオプションによって変更可能な期間が異なるので、ホームページで事前にチェックしておくといいですね。

 

 

 

また、事前に受託荷物のオプションをつけずに、チェックインカウンターで荷物を預け入れ無ければならなくなってしまった場合、3万円ほどかかった(事前にオプションをつければ数千円で済む)という話を聞いたことがあるため、荷物を預け入れる必要がありそうなときには事前にオプションをつけておくことをおススメします。

 

ちなみにエアアジアで機内に持ち込める無料手荷物は7kgまでになっています。

 

 

 

また、エアアジアには「エアアジアBIGロイヤリティプログラム」という制度があります。

 

登録費用や年会費は無料で簡単にメンバー登録できるうえに、ポイントが貯まったり、割引価格で航空券が買えたり、セール航空券の販売が一般よりも早く開始されたりとお得な特典があるので、登録しておいて損はないでしょう!

 

 

 

 

*フライトの変更やキャンセル

 

航空券を予約する際に気になるのが、フライトの変更やキャンセルはできるのか、払い戻しは可能なのかという点ですよね。

 

エアアジアでは航空券のキャンセルは可能ですが、キャンセル料がかかってしまう上に、基本的に航空券代の払い戻しはありません。

 

フライト日程の変更は予定出発時刻の48時間前(一部例外有り)まで可能ですが、変更手数料や運賃差額を支払う必要があります。

 

そのため、できればフライトの変更やキャンセルは避けたいところですね。

 

 

 

さらに気をつけたいことが。

 

フライトに乗り遅れてしまった場合にはチケットがキャンセルされてしまうため、新たに自分でチケットを買い直す必要があります。

 

エアアジア側の都合による遅延や欠航の際でも、他社便への振り替えもなく、急遽必要になった移動費や宿泊費の補償もありません。

 

このような場面では、普通の航空会社を利用するときとは違いLCCならではの対応となるので、注意したいですね。

 

 

 

 

*Webチェックイン

 

エアアジアには、Webチェックインという機能があります。

 

これは、フライトの前にエアアジアのサイトから自分でチェックイン手続きを行うことができる機能です。

 

通常チェックインの際には、空港でチェックインカウンターに並んで搭乗券を発行してもらう必要がありますが、これをしておくと列に並ぶ必要がなくなります。

 

受託荷物がある場合には荷物預け入れのカウンターへ、なければ何の手続きもなしで保安検査等に進むことができます!

 

 

 

しかしどうやら日本発の便の場合は、Webチェックイン済みの人専用のカウンターへ行って紙の搭乗券を発行してもらう必要があるようです。(ここで荷物も預けられます)

 

ちなみに私が日本から渡航した際は、普通のチェックインカウンターの前には長い列ができていましたが、Webチェックイン済みの人専用のカウンターはガラガラでした(笑)

 

海外発にせよ日本発にせよ、チェックインカウンターの長蛇の列に並ぶ必要がなくなるという利点がある上にやり方も簡単なので、事前にWebチェックインをしておくことをおススメします!

 

 

 

Webチェックインができる期間は航空会社の種類によって異なりますが、フライトの14日前から可能なことが多いです。

 

フライトの数時間前には締め切られてしまうので、チェックイン可能期間をホームページで確認の上忘れずにチェックインしてくださいね!

 

 

 

 

*機内サービス

 

フライト予約の説明の際にも書きましたが、エアアジアはLCCなので全てのサービスに別料金がかかります。

 

機内サービスについても例外ではなく、お金を払わなければ何のサービスも提供してもらえません。

 

機内食はもちろん、水やブランケットをもらうのにさえお金がかかります。

 

私が乗った飛行機は機内のエアコンがガンガンにきいていてとても寒かったので、私の隣に座っていた半袖半ズボンのお兄さんはとてもツラそうでした…。

 

あらかじめ手荷物に上着を用意しておくと、ブランケットがなくても安心だと思います。

 

 

 

LCCなので機内の座席や通路は少し狭めでしたが、私はそこまで嫌だ!とは思いませんでした。

 

これに関しては感じ方に個人差があると思うので、ムリだと感じる人はエアアジア含むLCC以外の航空会社を利用したほうが懸命かもしれません。

 

 

 

 

 

エアアジアの使い方や特徴、利用時の注意点などをまとめてきました。

 

エアアジアはLCCなので、様々な点でその他一般の航空会社とは使い勝手が異なります。

 

特徴を理解したうえで利用すれば、特に問題もなく、しかも安い金額で利用できるため非常に便利ですね!

 

逆に、これらのサービスや対応では不安、物足りないと感じる方は、少々高くつくかもしれませんが一般の航空会社を利用したほうがいいでしょう。

 

 

 

なんといっても安いというのがエアアジアの魅力なので、年中金欠の私は間違いなくまた利用するでしょうね!(笑)

 

自分に合った選択で、旅を楽しんでください!

 

 

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************