村の結婚式に参加してきました!え?いつになったら新郎新婦と写真が撮れるの?? やぎ(インドインターン日記 vol.63)

村の結婚式に参加してきました!え?いつになったら新郎新婦と写真が撮れるの?? やぎ(インドインターン日記 vol.63)


こんにちは、やぎです。

 

最近は虫がウジャウジャ出ます。

そのため、夜に自分の部屋で電気は極力つけません。

さて、実は一昨日、村の結婚式に少しだけ参加してきました。

なぜ少しだけか、それは開始するのが夜8時からのためです。

(遅い!!)

 

 

7:00pm

 

ゆーきゃんに一本の電話が。

「7:30pmからパーティーが始まるから早くきてー!(すごいハイテンション)」

 

しかし私たちは考察します。

 

「いや、7:30pmに始まると言うなら、多分8:00pmに行けば、ちょっと待つぐらいで済むだろう」

 

 

ということで、

8:00pm

 

準備をして村に向かいます。

 

あと5分くらいで村に着くかなと考えていたところ、バイクが並走してきて、見慣れた顔が。

 

あれ?バスデブ?(新郎)

 

「あれ?パーティーは?何してるの?」

 

と聞くと、

 

「花を買いに来た!」

 

とのこと。

 

そのまま追い越していってしまいました。

 

右が新郎 バスデブ

 

 

私たちインターン生、インド人にはかなり慣れたつもりでしたが、

 

この時「始まるのはもう少しあとだったか、、読みが甘かった。」

 

と二人とも反省しました(笑)

 

 

 

 

8:15pm

 

門のようなものが設置されていました!キラキラ!

 

 

村に着くと椅子が用意されていて、村人がそこで座ってお話タイム。

 

パーティーが始まっている感じはしません。

 

村人がみんな「ゆかー!さくらー!」とよってきて、

 

新婦のもとに連れて行ってくれることに。ワクワク。

 

 

 

 

8:30pm

大喜びのチョウチン

 

綺麗な方でした!しかし人に囲まれすぎて写真なんて撮れない!!!

 

新婦は違う村出身の方で、結婚を機にこの村に引っ越して来るので、

 

村人は大喜びなのです。

 

 

 

 

9:00pm

 

ご馳走があるんだと言われ、ついて行ってみるとそこにはパーティー会場が!

 

中も綺麗に装飾されています!

 

これが装飾やさんの仕事なのかとピアルドバコロニーの村人を思い出しました。

 

会場の前の椅子に座って見ていると、続々と村人が入って行って、ご飯を食べます。

 

会場は結構大きいのですが、村人の数が多いので、入れ替わり立ち替わり人が入っていきます。

 

私は夕飯を済ませていたので遠慮したのですが、ゆーきゃんがご飯を食べにいきました!

 

 

美味しそう〜〜!

 

ご飯、カレー、ダル(豆スープ)、ほうれん草、スイーツ(ラスグッラ)

 

どれもとても美味しかったようです!

 

そして、村の若い男の子たちはみんなの手伝いをしておりました!

 

一方女の子たちは、とても綺麗におめかししていました!サリーも美しい!

 

 

結婚式はみんなが活躍できる場所なんですね!

 

 

 

 

10:00pm

 

夜も更けて来ました。このすぐ後にクリシュナくん(写真右)はぐっすり寝ます。

 

 

残念ながら、もう遅くなってしまったので、帰らなければなりません、、

 

村人のTOTOに乗せてもらい、帰路に就きました。

 

 

 

10:15pm

 

あれ?家の前に誰かいる、、、

 

え?玄関の前にあるゲートが開いて(そこは外からも開けられます)寝てる、、?

 

めちゃくちゃ焦りました!!知らない人!!!!!

 

すぐさま一回に事務所を持つインド人に連絡します!

 

すぐに駆けつけてくれました、、。

 

どうやらお酒を飲んで寝ていたよう、、。

 

「俺が何をしたっていうんだよ!」と言っていました。

 

「いやいや笑」って感じです。

 

とにかく強盗などではなくてよかったです。

 

 

 

 

このような感じで、結婚式は幕を閉じました。

 

ここまでで気づいたのですが、新郎新婦が全然一緒にいない!!!!

 

新郎はずっとバタバタ忙しそうでした、、。

 

新婦も家族や村人に囲まれおめかし。

 

本当は二人の写真を撮りたかったのですが、叶わず、、。

 

ぜひ次に村に行く機会があれば、その時に撮ってきたいと思います!

 

 

村の結婚式は、家族のような雰囲気で行われていました。

 

 

 

 

実はまたまた結婚式に参加する予定が、12月にあります笑

 

次はもう少し大きな村。その時もぜひブログにて紹介しようと思います!

 

お楽しみに!

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************