EMPLOYMENT SUPPORT

 

 

物乞いがいない世界を目指して

 

インドハンセン病コロニーに住んでいる人々の半数以上が物乞いで生計を立てています。

 

わぴねすではコロニーに住んでいる人々を対象として様々な就労トレーニングを行い、収入の安定化を目指して活動を行っています。アクセサリー製作やきのこ栽培などの職業訓練を行うとともに、国内外に販路を確保することで彼らの経済的な自立を促進します。

 

また販路の一つとして、彼らの製品を販売するインド雑貨やさんoaksの運営も行っています。

 

 

 

 

 

きのこ栽培トレーニング       

 

ビシュナプールハンセン病コロニーの女性たちへきのこ栽培トレーニングを行っています。インドではきのこの需要が増加しており、単価も高いため高収益が期待出来ます。

 

栽培トレーニングは現地カウンターパートナーの「FPSA」というNGOと協力して行っており、作ったきのこはFPSAが買い取り、近隣に住んでいる一般家庭へ販売をしています。2016年12月から開始した新しいプロジェクトですが、全ての世帯(計42世帯)が関わっている村の一大プロジェクトとなっています。

 

これまでは物乞いや日雇いの仕事など収入が不安定でしたが、栽培を計画的に行うことで安定した収入を得ることが可能となります。

 

 

 

現在進行中の事業の様子

 

 

 

過去実施したプロジェクト