ディレンダドゥ@マニプールコロニー

カテゴリー:

【基本情報】

名前:ディレン・カルモカル(Dhilen Karmocal)

年齢:76歳

家族:妻、息子、孫2人(彼以外の家族はケトラプール村に住んでいる)

住んでいるところ:マニプールハンセン病コロニー

出身:プルリア県ケトラプール村

 

【簡単な説明】

ディレン・ダドゥー* はマニプールハンセン病コロニー内のOld Age Home** に暮らしています。

私たちがキャンプでコロニーに滞在した際は、断水や停電の時に設備を直してくれたり、とっても頼りになるおじいちゃんです!

 

*ダドゥー… ベンガル語で「おじいちゃん」の敬称。

 

**Old Age Home… マニプールコロニー内の独居老人施設。

ハンセン病回復者に限らず、マニプールコロニー以外の村から来た入居者の方々が暮らしています。

 

【インタビュー本文】

 

ーディレン・ダドゥー、お久しぶりです!元気にしてた?

 

久しぶりだね、元気だよ。

 

ー(インドの青空を見て)すごくいい天気だね〜!インドは暖かそう。

 

ー今日はダドゥーの日々の暮らしや人生について聞かせてください!

 さっそくですが、マニプールコロニーに来る前はどこに住んでいたんですか?

 

ケトラプールという村に住んでいたよ。ケトラプール村はハンセン病コロニーではない、普通の村なんだ。

 

ーケトラプール村について教えてください。

 

ケトラプール村はマニプールコロニーから20km離れたところにあるんだ。大きさは普通の村くらい。村人は農家になることが多いかな。

 

ー普段はどんな生活をしていますか?いつもの一日の過ごし方を教えてください。

 

~ディレン・ダドゥーのデイリールーティン~

 

6:00

起床、朝食をとる

8:00

他の入居者とおしゃべり

10:00

入浴

12:00

昼食

13:00

自分の部屋でリラックス

16:00

共用ルームでエクササイズ

18:00

テレビを見る

20:00

夕食

 

《6:00》起床、朝食をとる

《8:00》他の入居者とおしゃべり

《10:00》入浴

《12:00》昼食

 

ーディレン・ダドゥーの好きな食べ物は何ですか?

 

魚が好きだな。チキンよりも好き。

 

ー魚はよく食べるんですか?マニプールではあまり見たことがないかも。

 

以前は毎週日曜日に魚料理が出てきていたんだ。特別な時に食べることが多いね。

 

《13:00》自分の部屋でラジオを聴いたりしてリラックス

《16:00》共用ルームでエクササイズ

 

ー例えばどんなエクササイズをするんですか?手足のストレッチとか?

 

1時間のヨガ教室があって、それに参加しているんだ。ヨガ教室の後は、他の入居者たちと散歩に出かけるよ。

 

ーヨガ教室!どこか別の村から先生が来ているのですか?

 

いやいや、マニプールコロニー内にヨガの先生がいるんだ。Old Age Homeのスタッフ、ウッジョルが先生だよ!

 

《18:00》テレビを見る

 

ーどんなテレビ番組を見ているのですか?

 

Bangla serialと呼ばれているドラマをよく見るかな。

 

《20:00》夕食を食べ、就寝

 

ーマニプールコロニーへはどのような経緯で来たのですか?

 

23歳の時にハンセン病になり、周囲の人から差別を受けるようになった。

当時はオフィスワーカー(DBC)だったけど、職場でも嫌われるようになり、仕事を辞めた。

 

でも生計を立てなきゃいけないから、家でできる仕事を始めようと思い、鍛冶職人になった。鉄材を切ったり、鍋を作ったりしていたよ。

 

でも村人からも拒絶されるようになって、同じ池で水浴びすることを許されなかったり、水をくませてもらえなかったりした。髪の毛も切ってもらえなくなった。

 

それで、マニプールで髪を切ってもらうようになったんだ。その時に、「マニプールに住むといいよ、みんなあなたを無視したりしない」と聞いて、マニプールに移り住んだんだ。

 

ー仕事について詳しく聞かせてください。

 

7th gradeまで学校に通ったあと、Rukni駅で日雇い労働をしていた。その後、DBC職員向けのコックとしてオファーがあったんだけど、教育を受けていたからオフィスワーカーとして採用してもらった。10年か、12年くらいは勤めたかな。

 

ーマニプールに住んでみて、どうですか?

 

マニプールは好きだよ。みんな自分のことを受け入れてくれる。

Old Age Homeの人々とは隔たりがなく、家族と住んでいるような感覚がする。

 

ー家族について教えてください。結婚されていますか?

 

うん、ハンセン病になる前に結婚したんだ。奥さんと息子と、12歳と13歳の孫もいるよ。家族はみんなケトラプール村に住んでいる。

 

ー家族とは今も連絡を取れていますか?

 

家族とは仲がいいよ。息子はよく電話をくれる(2,3か月に1回)し、年に1回、2日間家族に会いに村に行くんだ。2か月前にも会いに行ったよ。

昔は村の人たちから拒絶されていたけど、最近は教育のおかげでハンセン病への理解も進み、環境が改善している。村の人たちも受け入れてくれるようになったから、村にも行くことができているよ。一部の人たちからはまだ理解はされていないけど…

 

ー日本人キャンパーとの思い出は何かありますか?

 

パーティーで歌やダンスを披露してくれたのを覚えているよ。

 

ー嬉しい!名札を作ったり、わらび餅を作ったのを覚えていますか?

 

覚えているよ、名札はまだ飾っているよ。わらび餅はおいしかったね。

(ワークキャンプで作った名札。アロモニさんのを持ってきて見せてくれた)

 

ーディレン・ダドゥー、今日はインタビューに参加してくれてありがとうございました。

またマニプールに会いに行きます!