2019年春ワークキャンプ@ビシュナプール

2019年春にビシュナプールハンセン病コロニーにてワークキャンプを行ってきました!

前回のワークキャンプに引き続き、10軒の家屋の修繕(屋根の張り替え)を、そしてミーティングやリサーチを通して村人のニーズ調査を実施致しました。また本キャンプ中にインド人大学生と共にホームビジットやパーティを実施致しました。

 

※ホームビジットとは、コロニー内にある家を訪問して、村人の生活の様子を近くで観察したり、彼らの生い立ちや生活の内情を聞く、村人をより深く知るためのプロジェクトです。

 

※インド人大学生ワークキャンプとは、これまで日本人のみが参加していたワークキャンプにインド人大学生を巻き込んで行うワークキャンプです。これにはインド人大学生と共にワークをすることで、インド人側ではハンセン病への理解の深まり、日本人側では村人の話への理解の深まりという狙いがあります。

 

【実施場所】ウエストベンガル州ビシュナプールハンセン病コロニー

【実施期間】2019年  3月初旬〜3月下旬

【参加人数】日本人大学生7名、インド人大学生6人

【活動内容】

①家屋の修繕(屋根の張り替え)

②進学応援プロジェクト

③リサーチ

④ホームビジット(インド人大学生と共に)

⑤パーティー(インド人大学生と共に)

 

活動報告書はこちら→2018年VSUキャンプ報告書