EDUCATIONAL SUPPORT

 

豊かな人間力のある人材の育成

 

ハンセン病講座や日本のハンセン病療養所訪問、大学での講演など、若者たちがハンセン病問題と触れ合う様々な機会を設け、将来を担う若者たちに、人が心豊かに生きるために必要な尊厳を尊ぶことや人が人を互いに想い遣ることの大切さを教えます。

 

そして、生きることに喜びを感じられるような豊かな人間性や人々がいきいきわくわく暮らせるような未来を創造する力をもった人材を育成します。

 

 

 

 

 

 

 

国立療養所多磨全生園訪問

 

東京都東村山市にある国立療養所多磨全生園を訪問し、ハンセン病について学びます。多磨全生園には、国立ハンセン病資料館が併設されており、まずはその資料館を見学してハンセン病の歴史の概要を勉強します。

 

そして、多磨全生園の敷地内にある「望郷の丘」「山吹舎」「旧図書館」などの史跡をめぐるフィールドワークを行います。最後に、入所者の方や社会復帰をされた快復者の方にお話を伺う座談会などを行い、資料や史跡からは知ることができないハンセン病快復者の方の思いに耳を傾けます。

 

この療養所訪問の目的は、ハンセン病についての知識を深めるだけでなく、自分たちの歩む未来に同じ歴史の過ちを繰り返さないためにはどうしていくべきかを、参加者一人一人が考えるようになることです。

 

 

 

 

国立駿河療養所訪問

 

静岡県御殿場市にある国立駿河療養所を年に2回訪問し、除夜の鐘つき大会 や夏祭りなどの行事のお手伝いをします。入所者の方と地域の方々が楽しい 時間を共有できる場をつくります。

 

そして、行事の前後には、駿河療養所の敷地内にある「納骨堂」「恩賜 公園」「駿河神社」などの史跡をめぐるフィールドワークを行います。その他にも、専門家の方をお招きしてハンセン病文学を読む「読書会」、ハンセ ン病専門医の先生から臨床におけるハンセン病を学ぶ「ハンセン病講座」なども行います。

 

この療養所訪問の目的は、入所者の方と地域の方々が楽しい時間を共有できる場づくりをお手伝いしたり、ハンセン病について学んだりするだけでなく、将来におけるハンセン病療養所の在り方を参加者一人一人が考えるようになることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実施予定のプロジェクト