マニプールハンセン病コロニー

Category Archives:マニプールハンセン病コロニー

独立記念日とRakhiの日!インドではこんな1日を過ごしました!やぎ(インドインターン日記 vol.86)

 

こんにちは、やぎです。

実は明日8月17日は私の21回目の誕生日です!

去年もインドで誕生日を迎えたのですが、それがとても最近のように思えます。

 

時の流れは早いなぁ。

21歳も頑張って生きていきます!

 

 

さて、昨日はインドでは独立記念日でした。

またなんと今年はRakhi dayでもあり、二つの記念日が揃ったスペシャルな日でした!

 

 

Rakhi day(ラーキーの日)とは、、

これはかの有名な詩人、ラビンドラナート・タゴールが作った記念日なんだそう!

バングラデシュとインドが兄弟のように仲良くなるようにだそうで、

この日は異教徒ではなく、同じ人間、兄弟だということでお互いの右手首にブレスレットをつけます。

 

 

しかし現在では、それは職場や近くにいる人、家族など、親愛なる人に渡すプレゼントになっています。

(現地スタッフのスボちゃんに教えてもらいました)

 

 

 

私は今回、6つのブレスレットを購入し、友人に渡しました!

1本は現地スタッフで特に仲良くしてもらっているスボちゃん!

他の5本は、マニプールに住む友人へ!

 

 

みんなとても喜んでくれて、かついつも思っている感謝の気持ちを伝えることができて、本当にいい日でした!

 

インドのこのような日、素敵ですよね!!

 

 

 

 

さてさて、では8月15日を私たちインターンがどのように過ごしたのか、ご紹介していきたいと思います。

 

8:30am 起床、朝ごはん

 

うん、もうすでに音楽が、、。元気な朝です。

 

インドの独立記念日ですが、インドとは関係なく、味噌汁を飲みました笑

 

 

 

 

9:30am 出発

 

列車が10:00発なので、Officeを出ました。

元気な音楽とは裏腹に、天気はちょっと曇りでジメジメ。

 

いつものアルーチョップ屋さんで、ゆーきゃんと一緒にアルーチョップを3つ、

ベグニチョップ(カレー味のナスの天ぷら)を1つ購入。

 

 

 

 

9:40am TOTO

 

TOTOが出発しない、、。

もうアルーチョップとベグニチョップは完食してしまった。

 

 

 

 

9:45am TOTO出発

 

5人乗りのTOTOに3人しか乗っていない。

しかしおじさんも流石にしびれを切らしたのか、出発。

 

私とゆーきゃんは列車が時間通りに来ているので、間に合うかハラハラ。

 

しかし、TOTOの速さが尋常じゃなかったので、間に合いました。

よかった〜〜

 

 

 

 

9:55am 駅に到着、スボちゃんと合流

 

 

 

 

駅に着くと、大音量で音楽が。それに特別な祭壇も。

しみじみと「ああ、インドだ、、」と思いました。

 

 

 

 

10:00am-10:30am 列車 出発 バンクラへ

 

バンクラ駅に着いた私たちは、9月に開催するリサーチキャンプの通訳者の宿を探します。

 

前日に目星はつけておいたので、あとは予約と値切りだけ!!

 

マネージャーのおじいさんに宿泊日数と人数を伝え、今日はいい天気だねとか、

おじいさんはどこ出身なのとか話しつつ、値切る。

 

しかしおじいさんは全然聞きません。

 

「無理。」

 

即答でした。

 

 

 

しかし、なんとか粘って、300ルピー値段を下げてくれました!

 

そんなこんなで、この日絶対にやる仕事は終了!笑

 

 

 

 

スボちゃんとはここでお別れの予定だったので、

3人で売店に行き、ラーキーのブレスレットを購入。

 

 

 

 

 

 

スボちゃんからもお返しのブレスレットをいただきました!!

とても可愛い!

 

 

ひとしきり楽しみ、駅に向かいました。

 

 

実は前日、友人のビルトゥーに

「明日マニプールにおいでよ!」と嬉しいお誘いをもらっていたので、

それからマニプールのあるアドラ駅に向かいました。

 

 

 

 

 

12:30am-1:35pm バンクラからアドラへ

 

アドラに着くと、日差しがすごい〜〜

とても暑かったです。

 

友達のトロニーが迎えに来てくれました!

日頃の感謝を込めて、ブレスレットをプレゼントしました!

喜んでくれてよかった〜〜

 

 

 

 

1:50pm マニプール到着!

 

 

 

マニプールに着くと、ガールズホステルの中でなにやら催しを行っています。

 

隙間から見ていると、、

 

「SAKURA!!」

 

と呼ばれ、壇上に登ることに、、。

 

 

 

 

リーダーや来賓はステージの上で見ることになっているのですが、これが見辛い、、笑

 

目の前のテーブルなどで、催しはあまり見えません笑

 

着いてすぐやっていたのは、結婚にまつわる演劇。

男の子たちが一生懸命やっていました。

 

 

 

 

2:30pm Lunch Time!

 

 

 

 

 

催し物が終わったあとはみんなでご飯!

しかし人が多いので、まずは男の子たち、

 

次に女の子たちとスタッフ、おじいちゃんたち

 

という二段階構成になっていました笑

 

 

 

 

 

 

今日のご飯は特別でした!

 

野菜カレー、アルーポストゥ(ジャガイモのおかず)、チャトナ(辛いピクルスのようなもの)、ゴロゴロチキンカレー、ご飯

 

おかずが多いし、チキンがたくさん!!

 

みんな嬉しそうに食べていました!

 

 

 

 

 

 

 

3:30pm 孤児院に行ってみんなとおしゃべり

 

スタッフは日本語に興味津々なので、それぞれ日本語とベンガル語をお互い教えあったりしました。

 

また子供たちとも一緒におしゃべりしたり、写真を見たりとったり!

 

 

 

 

本当は4時にはマニプールを出るはずだったのですが、

楽しすぎて列車を一本遅らせることに、、笑

 

 

 

 

5:00pm 別れの挨拶

 

女の子たちがホールで遊んでダンスしていたので、

混ざってインドのダンスを学びました笑

 

5:35の列車に乗らなければならないので、女の子たちやリーダーのダスさん、

ビルトゥーに別れを告げ、ピントゥーのバイクにて駅へ。

 

バイクに乗っている途中、ピントゥーから「次は家に遊びに来てよ!」と嬉しいお誘いが。

 

行けるのは正直いつになるのかわかりませんが、とても楽しみです。

 

 

 

 

また来るとはわかっているのですが、マニプールからの帰りは

なんだかいつも、とてもさみしい気持ちになります。

 

(次は5日後に行きます笑)

 

 

 

以上が、8月15日の1日の流れでした!

 

夜まで音楽がなっていて、やっぱり今日はインド人にとって特別な日なんだなと思いました。

 

8月15日、至る所で、インド人のインド愛が見れます!

ぜひ皆さんもこんな素敵な日にインドに来てみるのはいかがでしょうか!

 

 

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************

歯磨きプロジェクト!着々と準備が進んでいます!やぎ(インドインターン日記 vol.70)

 

こんにちは、やぎです。

日本に帰ってきたら風邪をひいてしまい、現在声が全くでません、、。

絞り出そうとするとアシカのような声が出ます(笑)

 

 

さてさて、実は先日、この夏のキャンプにて実施する「歯磨きプロジェクト」に向けての事前研修を受けてきました!

 

 

歯磨きプロジェクトに関してはこちら↓

歯磨きプロジェクト発足!村人と一緒に歯を綺麗にしよう! やぎ(インドインターン日記 vol.65)

 

 

今回、梅本記念歯科基金の梅本理事長や、基金に参加している歯医者の先生方、

アジア・コミュニティ・トラストの鈴木さんのご協力の下、サンスターの歯科衛生士である鷲嵐さんにご指導いただきました。

 

まずは梅本理事長から「梅本記念歯科奉仕団」の歴史についてお話をいただきました。

 

梅本記念歯科奉仕団は、1950年より日本の療養所から当時はアメリカの領土であった沖縄、インド・タイ・韓国・ベトナム・フィリピン・ラオスと今日まで活動を拡大してきました。

 

当初は慰問が主な活動でしたが、1960年からは歯科診療団の派遣を開始しました。

 

実はこれらの説明の中で、インドにはアグラ(タージマハルがあるところ)に「インド救ライセンター」があることを私は初めて知りました!

 

ぜひ次の渡航の際には行ってみたいと思います!

 

 

 

 

次に「歯磨きの意義について」というテーマで歯磨きと虫歯・歯周病・歯垢の関係性やそれらがどのような工程でできるのかを学びました。

 

「歯磨きをしないと虫歯ができる、歯が悪くなる」とぼんやりと思っていた私でしたが、この研修でそのプロセスがどのようなものなのかがわかりました!!

 

特に、歯垢がただの細胞の重なり合いではなく、水や栄養分の供給や、代謝産物を排泄するような生態系を構成していることには本当に驚きました!!!

 

口の中にもある意味社会が広がっていると思うと非常に興味深かったです。

 

また、歯周病や虫歯によって人が死ぬ可能性があることもわかりました。

 

 

 

「ただの虫歯・歯周病」なんて思っちゃいけませんね。

 

歯周病によって、細菌性心内膜症にかかったり、老人性肺炎にかかったり、、、

 

一見歯とは関係がなさそうな病気にもかかるリスクがあるんです。

 

恐ろしい、、。

 

 

 

 

さて、このような講義の後は、実践講義です。

 

歯科衛生士のわしずさんに、幼稚園くらいの子供達への歯磨き講座のやり方を教わりました。

 

 

ワシズさんのやり方を見た後に、実践するキャンパー

 

 

子供達の集中力を歯磨きに保つための工夫や、わかりやすい教え方など、たくさん教えていただきました!

 

 

 

 

また正しい歯の磨き方・仕上げ磨きのやり方も教えていただきました。

 

このような研修の中で、インドでどうやったらこの学びが活かせるか、悩みがたくさん出てきましたが、先生方が本当に親身になって回答してくださいました。

 

例えば、

Q.1

「マニプールコロニーの回復者のおじいちゃんおばあちゃんはほとんど歯がありません。

 そんなご老人方には口内にどんなリスクがあって、どのように対処すればいいかわかりません。」

 

A.1

「歯がいっぽんでも残っているのであれば、それを守ったほうがいい

 歯が少なくなると、それによって残った歯も傾くし、咀嚼効率が下がる。

 また、歯がなくても口内ケアができる。舌苔を取ることや、マッサージ、

 口の中に挟まった食べカスの掃除など。これらをすると、

 口内を清潔に保つことができるし、唾液の分泌を促進できて、(老人性)肺炎の予防にもなる」

 

 

 

Q.2

「親が子供の歯磨きまで気をかけることができるか心配。

 そもそも村人たちが歯磨きの習慣をきちんと身につけられるかも不安。」

 

A.2

「歯磨きをしないことで、歯周病・虫歯になるリスクが高くなる。

 そうすると、様々な病気になるリスクも高くなる。写真を使うなどして、

 そのことが身近に感じられるように伝えられたらいいんじゃないかな。」

 

 

 

この夏のキャンプはもちろんですが、村内の学校の先生や孤児院・ホステルの先生に正しい歯磨き・歯周病の恐ろしさを伝えることで、この活動を私たちがいなくても続けていくことができるよう、頑張っていきたいと思います!!

 

夏の報告も是非楽しみにしていてください!

 

 

では、また〜!

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************
 
 

 

なんとマニプールコロニーでもTOTO事業を開始します!〜進捗報告〜 やぎ(インドインターン日記 vol.55)

 

こんにちは。やぎです。

昨夜は夜も32度と暑く、寝ることができませんでした、、、。

もはや早く雨季になってほしいです。

 

さて、今日は先日マニプールで行なったTOTOレンタル事業のミーティングやドライバーのインタビューについて1日のスケジュールと共に報告します!

 

ビシュナプールはこちら↓

収入が3倍に?!TOTOレンタル事業をインドハンセン病コロニーでスタート!

TOTO事業の近況報告!なんと収入は倍どころではなかった!!やぎ(インドインターン日記 vol.47)

 

 

 

プロセスとしては、

 

1.村長に連絡し、TOTO事業の説明をする

2.村長が村内で運営している村組織にてドライバーの募集をかけてもらう

3.ドライバーの選出を行なってもらう

4.ドライバーのインタビューを行う

5.村組織と共に集金方法を話し合う

6.契約書を作る

7.TOTOを渡す

 

 

こんな感じです。

 

今は4.5の行程です。

 

 

6/16 9:10am

ビシュナプール駅を列車が30分遅れで出発しました。

 

10:50am

マニプール最寄りのアドラ駅に到着し、TOTOを捕まえてマニプールロニーへ向かいます。

 

駅からマニプールコロニーへはTOTOを使って5分弱。

道中、以前記事にも書いたジョイチョンリーを遠目に確認できます。

 

ジョイチョンリーの記事はこちら↓

 

 

 

11:00am

村長のダスさんに挨拶をして、インタビューをする予定のドライバーを待ちます。

 

 

 

11:30am

はい。待ちます。

 

 

 

11:50am

 

1人目のドライバーが来てくれました。

 

名前はプラシャンタさん。彼は26才独身です。

なんと彼、過去にはムンバイやケララで働いていたそうです。

 

それもソーシャルワーク。

 

迷子になって親元に帰れなくなった子供や、孤児のために活動していたそうです。

 

現在は無職であったため、このTOTO事業に申請したとのこと。

 

 

 

それから15分後くらいに2人目のドライバーも到着。

 

しかし、ドライバーにはなる気は無い。と言われました。

 

 

え?

 

 

彼は、TOTOレンタル料が一日に150ルピーであることが納得できないそう。

そのため今回は申し込みを取り下げるそうです。

 

しかし、気が変わるかも、とインタビューだけはしました(笑)

 

 

名前はランパダさん。彼は27才。

 

彼もまたすごくユニークな方で、なんと3年前までロシアにいたそうです。

 

6年前からロシアにてジャケットを作る仕事をしていたようです。

 

そのきっかけは、募集を見かけての応募。

 

 

案外行けるものなのですね、、、。

 

彼は現在無職で、その3年間で稼いだお金で今は暮らしているようです。

そのため、TOTOドライバーに申請したのだとか。

 

 

ですが、

「どうしても1日150ルピーからは下げられないこと」を伝えると、

「できない」とのこと。

 

 

ダスさんに頼んで、1日150ルピー徴収するという条件を納得する人を選出してもらうことに、、、。

 

 

 

このインタービュー、どうしてやるの??

→TOTO事業をやる前とあとで、収入がどれだけ変わったのか数字で見るためです。

 

 

 

どんな内容??

→家族構成・家族の職や収入から暮らし・家のレベル、学歴など、範囲は広いです。

 

 

 

01:30pm

namaste!つくば支部の6月定例会にてインターン生報告の予定があったので、廊下に移動。

今回はビデオ通話のため、パソコンと携帯を駆使して臨みます。

 

しかし、流石に日本とインド、、、そう上手くはいきません。

 

時間が15分ほど押したところで、ビデオ通話を諦め、通話のみにします。

 

 

しかし日本側の声が全く聞こえない、、。

プレゼンや発表をするとき、相手の顔が見えず、声も聞こえないようなものです。

すごく怖かった、、、、。

 

 

 

02:15pm

 

マニプールにて昼食をいただく。

今日はナスとトマトのカレー。ご飯に、ダル(豆スープ)というラインナップです。

作ってくれたリナさんと一緒に食べました!

 

その後は一緒に皿洗いや片付けをして、家族のことや経済状況のことなど、

色々な話をしました。

 

 
 
02:30pm

本当は村のリーダーを集めてのTOTO事業のミーティングでしたが、揃わず断念、、、。

 

夏のリサーチキャンプのキャンプ地を決めるべく、

ダスさんにウエストベンガル、ボルドワン県にあるコロニーのお話を伺いました。

 

 

 

05:00pm

話し合いは終了。

 

05:35の列車に乗るため、村人にさよならの挨拶をしました。

みんな「あれ?今日は泊まっていかないの?」と聞いてきました(笑)

 

 

次回また20日にマニプールに赴き、今度こそTOTO事業の話し合いをします!

 

 

余談ですが、最近はクリケットのW杯が開催されていますね。

 

そのせいか、帰りの電車では1時間30分の間で、6回もクリケット中のインド人を見ました(笑)

 

 

また寝る前に銃声のような音がなんども聞こえ、怖くなり現地スタッフに電話をすると、

昨日のW杯がインド対パキスタンであったため、爆竹で騒いでるせいでした。

 

 

怖がり損です(笑)

 

 

そんなこんなで、TOTO事業に関してはドライバーのインタビューについてしか報告できませんでしたが、

マニプールでは着々と準備が進んでします!

 

 

私たちインターン生が一時帰国するまでに、

契約書の前段階まではしっかり準備を終わらせたいと思います!!

 

 

ではでは、今後もマニプールでのTOTO事業進捗報告をお楽しみに!

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************
 
 

 

村人に会いに、マニプールコロニーに行ってきました 〜村人と過ごす穏やかな時間〜 やぎ(インドインターン日記 vol.51)

 

こんにちは、やぎです。

 

実は今日までコルカタに少し滞在していました!

昼はサウナのような暑さでしたが、夜は嵐が来て涼しく寝ることができました!

 

 

さて、実は昨日ゆーきゃんが書いてくれた日記の日の午前中、私は個人的にマニプールを訪れていました。

 

 

 

その日は日曜日だったので、グラウンドでは男の子たちがクリケットをやっていました。

 

私はその様子を村人の隣に座って話しながら見ていました。

 

 

 

クリケットは、近くの村々の男の子たちと一緒にやっていたようです。

 

ハンセン病コロニーに来て、みんなで同じスポーツを楽しむなんて、、

 

以前との状況の違いに、少し嬉しくなりました。

 

 

 

ちょうど1年前には「ハンセン病コロニーの子供とは遊ばせない」という

近隣の村の親御さんがいるというのを耳にしたことがあったので、、。

 

 

観戦中、いろんな村人が寄ってきて

 

「いつ来たの?」「今日は暑いね〜」「どこに住んでいるの?」

 

などたくさん話しかけてくれました!

 

 

棒で遊ぶラフールとそれをにこやかに見守るお母さん

バブー(左)とラフール。かき氷を分け合いっこ。

オレンジとスパイスの味。冷たくて美味しい!

 

 

 

ベンガル文字で名前を書くと大喜び。私もとても勉強になります!

 

右下はラグーに書いてもらったもの。

 

 

 

 

そして、ビシュナプールもそうですが、

 

最近は生まれてすぐの赤ちゃんを見ることがとても多い気がします!

 

 

アユッシュ。10ヶ月。

 

 

可愛い〜〜〜!

 

 

 

 

 

また夕方には、水浴びをしているオニールおじいちゃんに会ったので、

 

近くに座って少しお話をしました。

 

水浴びをするオニールおじいちゃん。最近暑くて参ってるそう。

 

 

 

 

オニールおじいちゃんはマスタードオイルでこすって身体を綺麗にしているところでした。

 

最後に水を使って流すのですが、背中を流すことを手伝わせてもらいました。

 

 

優しく水をかける。肌の触れ合いができてすごく嬉しかった。

 

 

 

「こんな感じで大丈夫?」「うん。ありがとう」

 

 

 

 

その夜はコロニーに泊まり、ゆーきゃんの日記通り慌ただしい日を過ごしました(笑)

 

 

 

 

本当に暑い日で、日陰でも汗の止まらない日でしたが、穏やかな日曜日を過ごせました。

 

忙しい日々ですが、村人と一緒にいると癒されますし、

 

もっともっとできることがないかと、やる気が湧いてきます!

 

 

エネルギーをしっかりチャージし、やる気もさらに高まりました!

 

また村人のために、日々精進していきたいと思います!

 

 
**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************
 
 

マニプールコロニーでの1日 やぎ(インドインターン日記vol.49)

 

こんにちは、やぎです。

 

最近は虫が多くて、夜に窓を開けていると体にいつの間にか虫がくっついています(笑)

寝るときは潰すとかわいそうなので一通り払ってから寝ます。

 

 

さて、以前ゆーきゃんはビシュナプールコロニー、そしてチャクドラコロニーのキャンプ生活について紹介してくれました。

 

最近マニプールに行った際に「あれマニプールについてやっていないな」と思ったので、

今回はマニプールのキャンプ中の生活についてご紹介したいと思います。

 

 

 

〜住む場所〜

 

大きな二階建ての家。二階建てといっても、二階には屋上と小屋がある程度。

 

 

一階には大きな部屋が1つとトイレが2つ。

元々は学校だったそう。そのため、机や椅子、靴箱、大きな棚がある程度あります。

大体この一階の部屋でみんなで寝ます。

 

 

 

 

 

二階には屋上と小さな小屋。

 

屋上では洗濯物を干したり夜には星を眺めたりと様々なことができます。

7人で寝っ転がっても余裕の広さです。

 

 

屋上

 

 

小屋の中には2つ部屋があり、手前の部屋にはベッド、

奥の部屋には蛇口とシャワー、トイレ(唯一の洋式!)があります。

 

 

 

 

 

 

このベッドのある小屋は、基本的には脱衣所の役割をしています。

 

もし誰かが体調不良になった場合は、隔離部屋として機能します。

それにベッドの方が体にも優しいですしね、、。

 

 

 

 

〜ご飯〜

基本的にはほかの村と同じです。違いがあるとすれば、ガスを使えること。

基本的に1つのガスボンベを使って料理をします。

 

また、大きな棚が4つほどあるので「食料棚」を決めてそこに食料を保存しています。

 

 

ちなみに一階にトイレは2つあると言いましたが、キッチンに近い方は使われておらず、

そこの水道をキッチンの水場として使用しています。

 

 

 

またマニプールでは朝食でよく「ムリ」と「チャナチュール」を食べます。

「ムリ」とは味のしないポン菓子です。

「チャナチュール」はスパイシーなふりかけ。

 

この二つを一緒に食べます。大体朝が多いです。

インド人もよく朝食としてこの「ムリ」を食べます。

 

 

 

〜水浴び〜

 

上記したように、マニプールにはシャワーがあります。

 

 

確かに、「あります」

 

 

しかしそれは形だけ。私の経験上では水が出たことはありません。

そのため、シャワーの下の蛇口を使って水浴びをしています。

 

大体はバケツに水を十分にため、そこから手桶を使って浴びています。

頭だけ洗うときなどは、蛇口から直で洗ったりもします。

 

 

 

 

〜洗濯〜

洗濯は水浴びをする部屋で基本的に行われます。

 

バケツに水をため、服と洗剤を入れて、もみ洗いします。

洗い終わったものを屋上に貼った洗濯紐に干します。

 

 

もちろん絞ってから干すのですが、屋上で絞ります。

 

その水の後は干し終わる頃には乾いていることがほとんど。

洗濯物も、晴れた日は1,2時間程度で乾きます。

 

 

 

 

 

 

〜1日の流れ〜

 

 

7:00am 起床

 

 

体操という名のダンス練習。

 

マニプールの寝泊まりする家の前には空き地が広がっています。

(マンゴーの木もある!)

 

 

なのでその空き地でみんなでダンス練習をします。

(正直とても眠いです。)

 

 

この間、その日のキッチン担当は朝食の準備。大体スープが多いです。

 

 

 

7:30am 朝食

みんなで朝食を食べます。

大体朝はスープ、ビスケット、ムリ、チャナチュール。

 

時々ご飯も炊きます。足りない人はバナナを食べます。

 

 

 

ここから活動開始まで各々の時間を過ごします。

 

外に面した廊下があるので、そこで椅子に座って本を読むのもよし、

みんなで話してもよし、外で会いに来てくれた村人と話すのもよし。

(子供達が学校の前によく寄ってくれます)

 

 

 

 

もちろん活動の準備もします。

 

 

 

9:00am 活動開始

活動を始めます。リサーチ、ワーク、イベントいろいろなことが日によってあります。

 

 

 

12:00pm お昼ご飯

キッチン担当の子が作ってくれたご飯をみんなで食べます。

大体ご飯とおかず。足りない人はバナナを食べます。

 

 

午後の活動は3時からなので、またそれまで各々の時間を過ごします。

 

 

 
どうして3時から??

 これは、インドのお昼の時間帯(1~3時)はとても暑いから。

 インドでは大体4~5時くらいまではお店もお休みです。

 

 

 

 

3:00pm 活動開始

休憩後はもりもり活動します。体調を見つつ。

 

 

 

5:00~6:00pm 活動終了

やっと1日の活動が終わります。

 

帰ってきた頃にはキッチン担当の子がご飯を作っているところ。

みんなで手伝ったり、村の中にあるスナック屋さんにスナックを買いに行ったり。

 

 

また子供達が遊びに来てくれることもしばしば。

家の前の空き地で話したり、遊んだりします。

 

 

7:00pm 夕ご飯

 

 

みんなで夕ご飯。

時々若い村人が来てくれたり、通訳者を招いたりしてみんなで食べます。

 

 

 

時には村人にご飯を作ってもらうことも。

そのカレーや炒め物がすごく美味しい!!!

 

 

 

みんなで楽しくご飯を食べた後は、カードゲームをやったり、

お風呂に入ったりと、また各々の時間を過ごします。

 

 

このような感じで1日が終了します。

 

 

この中でも私が好きな時間は、夜にスナックを買いに行く際に、グラウンドから星を眺めること。

 

マニプールは比較的大きなコロニーですが、電気が十分にあるわけではありません。

 

真っ暗です。そのため、星がよく見えます。

 

 

また、夜にキャンパーで屋上に集まって話しながら星を眺めることは本当に楽しいです。

 

 

思わず、なんとなくいい雰囲気の音楽とか流してしまいます(笑)

 

 

そんなこんなで、マニプールコロニーの生活の紹介でした!

 

 

夏にもまたキャンプを開催します。

ぜひブログでその場の雰囲気をお届けできたらと思います!

 

 

 

ではまた〜!

 

 
**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************
 
 

インドで人に疲れたら、ジョイチョンリーにいこう!やぎ(インドインターン日記 vol.13)

Click here for the English version.

 

こんにちは。やぎです。

最近インドはサマーシーズンに入り連日39度を超える猛暑です。

初めて4,5,6月をインドで過ごすのですが、これからもっと暑くなると思うと恐ろしいです、、、。

 

 

昨日は久しぶりにマニプールに行ってきました。

村人にたくさん元気をもらったので、これからも頑張れそうです!

 

 

特にラクシュマンおじいちゃんのドゥルークバジェー(太鼓)に合わせてラムカチ(タンバリンのようなもの)を叩いてセッションをしたことが、昨日のハイライトです。

 

 

これらはインドの伝統的な楽器らしく、プージャ(お祭り)などで使われるそうです。

 

 

 

そんなこんなで今日は、マニプールにほど近い場所にある観光地、ジョイチョンリーについてお話しします!

 

 

ジョイチョンリーとは、ラグナトプールという村に位置する2つの丘です。

その周りにはリゾートやフードコート、公園があり、ピクニックにはもってこいの場所です。

マニプールの子供達も学校での行事や村の行事で訪れています。

 

 

私の友人はエアーズロックみたいと言っていました、、(笑)

 

私が初めてジョイチョンリーに登ったのは、2018年3月でした。

 

当時、丘の麓には売店がちらほらありましたが、頂上にはお寺とヒンドゥー教グッズを売るおじさんが一人だけでした。階段もコンクリートむき出しという感じです。

また売店はあるのにゴミ箱がないため、ゴミは階段の両端をはじめとしてそこかしこに散らばっていました。

 

見回すとちらほら人がいる感じで、あまり観光者数が多いという印象はありませんでした。

 

 

しかし現在のジョイチョンリーは違います!!!!

 

オレンジの糸が木に巻き付けられています。前より多くなったなぁ

 

階段は綺麗に塗装され、頂上にはいくつものゴミ箱が設置されました。

上記の写真の看板も、ゴミ箱の使用を呼びかける内容です。

 

また麓だけでなく、頂上にも売店が!!!

その場で熱々のチャイまで飲めます。 美味しい。。

 

さらに冬には登山を目的とする数々の団体がロッククライミングをするために訪れるようです。(…安全面は大丈夫なのでしょうか)

 

 

そもそもジョイチョンリーにはヒンドゥー教のお寺が建っている丘です。

シヴァとハヌマーンが祀られています。

 

 

なぜこんなに人気になったのでしょう、、、

 

それは

①フォトジェニック

②珍しさ

 

という原因が考えられます。

 

①フォトジェニック

 

2019年春キャンプ

 

 

皆さんもご存知の通りインド人は写真が好きです。

そのため、この見晴らしの良いジョイチョンリーでは自撮りをしている人をかなりの頻度で見かけます。

というよりそんな人だらけです(笑)

 

 

私も行った際には必ずと言っていいほど写真を撮ろうよ!とインド人に言われます。

そのあとはいつの間にかFacebookに載せられています。(恐ろしや。。)

 

②珍しさ

 

周囲の田んぼ

 

 

画像を見て確認できる通り、ジョイチョンリーの周りは田んぼだらけです。

そんな平地にポツン、ポツンとジョイチョンリーが立っています。

そのため、その存在感はすごいです。

 

 

インドで人に疲れた時は、そんな自然豊かなジョイチョンディーに身も心も癒されに行ってみてはどうでしょうか?

 

 

ジョイチョンリー (Joychandi Pahar)

・無料で登山可

・最寄りの駅はジョイチョンリー駅/アドラ駅

・アドラ駅からトゥクトゥク(電動三輪自動車)で片道100ルピーほど

・人のあまり多くない、かつ少し涼しい16時がオススメ

・麓から頂上まで10〜15分ほど

 

 

ぜひ訪れてみてください!

 

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************

 

マニプールコロニーに行き続けるわけ やぎ(インターン日記 vol.1 )

Please scroll to the bottom of this page for the English version.

 

こんにちは。インターン生のやぎです。
最近インドはサマーシーズンに入り連日35度を超える猛暑です。
初めて4,5,6月をインドで過ごすのですが、これからもっと暑くなると思うと恐ろしいです、、、。

 

さて、最近わぴねすが支援するハンセン病コロニーの一つであるマニプールに行ってきました。
そこでわぴねすの活動やハンセン病コロニーに詳しい村長のダスさんと共に、西ベンガル州のハンセン病コロニーについて話し合いを行いました。
西ベンガル州にはなんと35個のハンセン病コロニーがあるようです。
因みにインド全土では、800以上ものハンセン病コロニーがあると言われています。

 

その中でも特にどの村が私たちわぴねすの支援(ワークキャンプ、就労支援)を必要としているか、無くなった村はないか など、充実した話し合いができました。

 

この話し合いを基に、夏にコロニー調査を行う予定です。
その調査についてもブログにて皆様にご報告できればいいなと考えています。

 

 

……そんなこんなで、今日は私がマニプールを選び続ける理由と、インターン参加の理由を書きたいと思います。

 

まず私が初めてマニプールに行ったのは、2018年3月のキャンプ参加によってでした。
当時のキャンプの内容で、ゴミ箱掃除というものがありました。
それは日本人キャンパーが、村が汚いことが差別を助長する要因にならないようにと始めたクリーンプロジェクトの一環で作られたゴミ箱でした。

 

 

ゴミ箱(処理から3ヶ月後)

 

1つのゴミ箱を綺麗にしたのですが、それには毎日5.6時間作業しても5日もかかりました。

そのキャンプ後に、

 

いつまでもゴミを処理することをやってはいられない。

そもそもボランティアはものをあげて自己満足で終わっていいのか?

村が自立することを私は目指したい。

という自問自答の上、この問題に終止符を打ちたい。

 

と思ったことが次のキャンプに参加することの理由でした。

 

 

2018年8月のキャンプでは、村の代表であるダスさんと理事の梶田さんの協力のもと話し合いを行いました。その結果、ビシュナプールと同様にマニプールでもTOTO三輪電気自動車の貸し出しによる就労支援を行い、その売り上げの一部をゴミの処理に使うことが決まりました。

 

このような感じでゴミ処理問題の解決の糸口が見えました。

 

2019年3月のキャンプに参加した理由は、このワークキャンプで主な問題であった「ゴミ問題」の解決口が見えたため、新たな問題に着手することができるのではないかと考えたためです。
そこから2019年3月のキャンプでは村内の被差別意識に関するリサーチを行いました。

 

 

そこで見えたのは「ハンセン病コロニーに住んでいること」に対して被差別的感情を持っている村人が思ったよりは少ないこと。それよりも「もっといい家に住みたい」「職が欲しい」というような要望がとても多かったことに驚きました。

もちろん、差別がなくなっているわけではありません。陰口を言われたり、村の周りを通らないようにされたりなど、まだ近隣の村々から差別を受けています。

 

しかし、村で働く村外の人はいます。彼らに理由を聞くと「もうハンセン病患者はいないし、ハンセン病は薬で治るものだ。だから何も問題はない。」と言われます。

 

 

近くの村から働きに来るビルトゥーさん(真ん中)子供好きのピントゥー(右)さん。

 

ではなぜ私がまだマニプールで活動したいと思うのか。それは村人の何人か(特に若い女性)が「ハンセン病コロニーに住んでいるということは親しい友達には話せる。だが、そのあと自分がどう見られているのか気になる。」ということを言っていたためです。

 

マニプールは、namaste!が活動するハンセン病コロニーとしては人口も規模も大きく、インフラも他の村に比べてある程度整っています。しかし、被差別意識はまだ心の奥深い部分で残っています。

 

 

ヨガセラピストの村人と

 

このような感じで1年間、3回のキャンプにおいてマニプールを選んできました。

 

私は、これからもマニプールに行き続けたいと思います。(キャンプでなくても)
インフラ面もそうですが、心理面としても村人のために何ができるのか、村人と一緒に話したり悩んだりしたいと思うためです。

 

…..長くなってしまったので、インターン参加の理由について書くのはまた次の機会にしたいと思います。

拙い文章だと思いますが、ここまで読んでくださりありがとうございました。
これからの投稿もよろしくお願いします!!

 

 

 

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************

 

 

 

Hello! I’m Sakura.I have joined work camp 3 times in Manipur.

 

There are 2 reasons why I’m taking part in work camp in Manipur.

 First is that I want to solve dustbin problems. In namaste! activities, we made some dustbins at Manipur.Now the garbages on the road is decreasing because of it and some dustbins are already full.
However villagers don’t move it. They burn it to make it smaller. It’s bad for health…
And in the future the time will come to quit our activities at Manipur… So I think that when we make some facilities,we have to make some system which can run only with villagers. It should be sustainable for villagers!
Then, Mr.Das(the chief of Manipur) and Eriko Kajita(the director of Wappiness) and some members of Namaste! conducted meeting about the dustbin problem.
We decided that Wappiness will conduct job support with TOTO(electric car) and a part of the sales will spend to garbage disposal. It was in my second time to join the workcamp.

 Second is that I want to approach discrimination problems.So we conducted a research to villagers.It was about discrimination and how villagers feel about Manipur.
Most of villagers did not claim about discrimination but about their houses, health and jobs.
I felt the situation of Manipur as leprosy colony is getting better.
However some villagers, especially lady, said to me about when they tell about they are living in leprosy colony to their friend, they worry about how these friends see them.
I think it’s deep problem of leprosy.
Manipur is better than other colonies that we conduct work camp.
But there are still some problems of leprosy.
 The 2 reasons are why I was taking part in work camp and will continue to go to Manipur.

 

Thank you for reading!  See you again!!

 

 

**************************************************************
It’s time to join us!
What is a “leprosy colony”?
 
It is a society with people who are isolated from society due to leprosy.
 
In the colony, people live with less than $1 per day .
We conduct several activities for their independence.
 
There are many ways you can support them as a team with us.
 
↓ ↓ Join us now from the below ↓ ↓
 
**************************************************************

 

マニプールへの想い

はじめまして。
つくば支部の杉山仁実です。
私はマニプールコロニーで二回目のキャンプに参加してきました。

ところで皆さんはハンセン病コロニーに住む方々に対してどんなイメージをおもちでしょうか??
ハンセン病回復者の人は寝たきりの人が多いんじゃない??
差別されているわけだから、引っ込み思案な人が多そう…
など、マイナスなイメージをもっている方が多いかと思います。

私もそんな風に思っていました。
しかし、実際に会ってみるとそのイメージはすぐ崩れました。

 

ハンセン病回復者の方はご老人に多いです。
たいていの方は足がなかったり、手が思うように使えなかったりします。
それでも彼らは元気いっぱい生きていました。
野菜を育てたりお料理をしたり、とてもいきいきしています。
私たちの生活しているところの近くに住んでいるためよく話かけてくれたり、水が出ないとき助けてくれたり、実の孫のようにかわいがってくれました。

キャンプ中欠かせない存在であったのが若者世代のユースキャンパー。
私たちと井戸をつくったりゴミ拾いをしたりするだけではなく、ご飯をつくって食べたりときには夜通しダンスをしたり多くの時間を共にします。
ユースキャンパーは私たちと同様に大学に通っている人が大半です。
興味関心ごとは恋愛であったり大人気スターであったり、日本の大学生と何ら変わりません。
彼らはすごく元気でピュアな子たちです。
楽しむときは思いっきり盛り上げてくれたり、私たちが困っているときは真剣になって助けてくれたり、本当によき友だちでした。

差別による心の傷を村人は負っているのかもしれませんが、それでも彼らは前を向いて元気に生きていました。
私たちが元気をもらうことも多くありました。

ボランティアとして活動するという意識でいくと“してあげる”という上の立場になりがちです。
しかし、私たちの活動は私たちが一方的に何かをしてあげるという形では実現不可能です。
村人の力が必要不可欠なのです。
村人と力をあわせていい村をつくっていこうとする。
力をあわせようとすることで村人との絆が生まれる。
村人への愛が深まり、村をよくしたい思いが強くなる。
この活動の良さだと思います。
それがこの活動がここまで続いている所以だと思います。
私自身二回もキャンプに参加することになるなんて思ってもみませんでした。

でも、日本に帰るとまた行きたい、みんなに会いたいと思うのです。
大切な友だちを想い、遠い遠い小さな村に想いを馳せるのです。

 

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************

 

キャンプが近づいてきました

はじめまして
namaste! つくば支部の山戸映里佳です。
9月のマニプールキャンプに参加します。

5月にワークキャンプに参加することが決まり、準備を進めてきました。
とは言っても、わからないこと、自分でやらなければいけないことが多く、
とてもたいへんな準備期間でした。
VISA申請で何度もやり直しや問い合わせをしたり、
ミーティングでなかなか話がまとまらなかったり
計画書の作成に追われたり
そのたびに「ワークキャンプに参加しなければもっと余裕のある夏休みが過ごせたかも」
と考えてしまいました。

でも、そんなときには必ず助けてくれる同期、先輩がいました。
特に代表のかじちゃんさんにはVISA申請に関して何度も何度もLINEをして
マブダチとまで言わせてしまいました(笑)

キャンプ前合宿、総会への参加を経てようやくキャンプの具体像、そして自分のすべきことがわかってきて、8月いっぱい準備をしてきました。

その中で、キャンプメンバーのキャンプに対する思いを知ることができました。
自分がキャンプの大変さをなめていたことも知りました。

自らも準備におわれる中先輩方が私の質問に1つ1つ丁寧に答えてくれていたことも知りました。
今まで力を貸してくれたたくさんの人に感謝をしつつ残っている仕事をしっかりと済ませていきたいと思っています。
そして準備が大変だった分、最高に楽しい、そして有意義なキャンプにしたいと思います。

これからのキャンプが本当に楽しみです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

namaste!つくば支部
山戸映里佳

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************

 

初インドだぜ、でんでけでん

こんにちは。
名古屋支部二年の小倉優悟です!

僕はこの春namaste!に入り、
次の九月に初めてインドへ行きます。

まだまだ疑問がいっぱいです・・・。

『ちょろ!キャンプするゴリ!!!』ってなんだ
ちょろってベンガル語か?」
ハンセン病って、どんな歴史があるんだろう・・・。」
namaste!のメンバーは変な人が多いって聞いたけど、実際どうなんだろ・・・。」

そんな疑問を抱きながら、
去る8月30,31日に、筑波大学へ行ってきました
つくば、なごや合同の、キャンプ前合宿です。
そこで初めて、同じキャンプに参加するメンバーと顔を合わせたり、
国立ハンセン病資料館( http://www.hansen-dis.jp/ )に行きました。
その合宿のなんと楽しいことか!びっくりしました!!

個性的なメンバーは、9月のキャンプが楽しみで仕方がなくなるほど面白いです。
namaste!のメンバーはでらおもろい。はっきりわかんだね。

ハンセン病資料館では、
ハンセン病について、初めて真剣に学ぶ機会を得られました。
ハンセン病という病について、それにかかった人たちの気持ち、
彼らのされた仕打ち、それを作った社会的背景・・・。
単純には紐解けない複雑な問題があるのだと知りました。
そして、国は違えど
ハンセン病の方々と一緒に、自分が行動を共にできることに、
嬉しさや誇りを感じるようになりました。

9月に実際にキャンプに行くことで、多くの学びを得られると思います。
楽しみつつ、
学びつつ、
最高のキャンプにしたいです。もじゃもじゃ。

あと、筑波大学周辺の雰囲気
すごい気に入りました。
(移動大変そうで通いたくないけど)自然が多くて、周りは学生ばかり住んでいて、
僕の好みにピッタリです!
(広いから通いたくないけど)学生のうちに何回も観光?に行きたいです!

では、また会いましょ~^^

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************