またまた寝台列車乗りました!〜インド列車”SL”の旅〜 やぎ(インドインターン日記 vol.23)

またまた寝台列車乗りました!〜インド列車”SL”の旅〜 やぎ(インドインターン日記 vol.23)


こんにちは。やぎです。

またまた寝台列車を利用しました!

 

 

3Aの記事↓

寝台列車に乗りました!〜インド列車”3A”の旅〜 やぎ(インドインターン日記vol.21)

 

列車の記事↓

これでもう列車に乗るのは怖くない!インドでの列車予約から乗車まで やぎ(インドインターン日記vol.9)

 

 

今回はなんとSL(スリーパークラス)を利用しました。

 

以前記事ではこのように書きましたが、

 

〜クラス表〜

 

食事

サービス

1A

あり

(ノンベジメニューなど選べる)

個室

(二段ベッド)

ACあり

・ブランケット

・枕

(バラの花?)

2A

あり

カーテンでの

仕切りあり

(二段ベット

二つ)

ACあり

・ブランケット

・枕

3A

あり

仕切りなし

通路を挟んで二段ベット2:1

ACあり

・ブランケット

・枕

SL

なし(売り子が歩きます)

仕切りなし

通路を挟んで三段ベット2:1

ACなし

 

その実態は、、、

 

 

〜食事の有無〜

基本的にはありません。しかし、物売りがかなりの頻度で通ります。

ACがないためか、スナックや水、アイス(氷菓)は特に頻度が高いです。

スナックは安いですし、ポップコーンなどもあるのでぜひお試しください!

 

 

 

〜席〜

 

3Aより色が少し濃いブルーのシート。汚れているから?と疑ってしまうほど汚いです。

何が原因かはわからないですが黒く汚れていることが多々あります。

3Aより、最上段の席は高さがあります。

そのため座っても頭がぶつかることがなくゆったりと過ごせます。

ただ最上段はすぐ近くに扇風機が3台ほどあるため髪の毛が巻き込まれないよう気をつけてください!

 

 

 

〜寝る場所として〜

シーツや枕はないため、座席に直接肌をつけて寝ます。

私が乗った車両は、車内全体としてトイレの匂いがしていたのですごく寝ることの難しい環境でした。シートからもその匂いがするような錯覚に陥っていました。

そのため、バックを頭の下において横になっていました。しかし 耐えられずほとんど座って過ごしていました。

 

 

 

〜サービス〜

 

枕・シーツ・ACなしです。しかし扇風機が天井につけられています。

また壁のコンセント、天井のライトも使えます。

席の確認は2度くらいでした。

 

 

 

〜雰囲気〜

向かいの席の女の子にショールの巻き方を教えてもらいました。

 

混みようによって異なります。混んでいないときは、すごく穏やかな雰囲気でした。

混んでくると席の取り合いが始まります。

このクラスには席の予約をしていない人も乗車するため、観光地や都市へ向かう列車は乗車率が120~150%くらいでした。

 

私が乗車した日は最高気温が44度くらいであったため、すごく暑かったです。そこに家族連れや夫婦が乗車し、3人席を5人で使っていたりしました。暑い!!

 

 

しかし席に座った人の雰囲気は和やかで、サモサやスナック、ナッツなどを皆さんにご馳走してもらいました!

 

向かいの席の女の子がくれた野菜カレーとチャパティ

向かいのおじさまがくれたサモサ(ブレブレでごめんなさい、、、)

 

とっても美味しかったです!!

 

 

夕方になるとおもむろに立っていた人が床で寝始めたりと身動きが取れない状況になります。

トイレは早めに済ましておくことをオススメします。

床で寝ている人は熟睡しているか、気付いてもあまり動いてくれない印象でしたので。

 

また車内は3Aとは違い、結構賑やかです。

携帯からインドの音楽が流れていたり、大きな話し声が四方八方から聞こえてきます。

 

 

 

〜人の数〜

混んでいないときは、向かい合う席(6人席)に2人しかいないくらい。

混んでいるときは乗車率が120~150%でした。

しかし私たちが乗ったのは最終的にムンバイまで行く列車だったためにものすごい混みようだったのかもしれません、、。

 

 

 

〜人の層〜

3Aとはやはり違います。というのも、英語が話せる人が少ない印象でした。

たまたま向かいの席にいた大学生は英語が話せましたが、それ以外の人はあまり話せる感じではありませんでした。

 

 

 

このような感じで、初めてインドを旅行する、または長く移動する、観光地に行く場合は正直あまりSL(スリーパークラス)はオススメしません。

身体もそうですが、その汚さや人の多さから心もかなり疲れました。

 

 

またセキュリティー面も怖かったです。

暗闇の中シートだけでなく床にも人がゴロゴロ寝ているため、いつどこで何が起こっていても不思議ではありません。

 

 

セキュリティー面や、清潔さ、体力を考えるならば、少々値段は張りますがぜひ3Aを利用することをオススメします!

 

 

値段は大体 “3A”は”SL”の2倍かそれより少し高いくらいです。

例えばニューデリーからムンバイは早くて15時間50分、長くて1日と7時間20分かかります。

早い方はSLがありませんでした(笑) 3AはRs.1795(約2791円)です。

遅い方はSLがRs.600(約933円)、3AがRs.1635(約2542円)です。

一番早くてSLがあったのは19時間かかるもので、Rs.585(約910円)でした!

これは速さだけではなく、列車によって異なるため時刻などを考慮して決めてみてください。

 

ちなみに私はこれから、3Aクラスを利用していきたいなと思います。

 

 

ではでは、また列車に乗った時はリポートしたいと思います!

皆様もぜひ列車で素敵なインドの旅をお楽しみください!

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************