寝台列車に乗りました!〜インド列車”3A”の旅〜 やぎ(インドインターン日記vol.21)

寝台列車に乗りました!〜インド列車”3A”の旅〜 やぎ(インドインターン日記vol.21)

こんにちは。やぎです。

最近はバタバタしていてブログの更新ができていなくてすみません、、。

インド式の結婚式に初めて参加してきたので、近々ブログで大々的に紹介したいと思います!

楽しみにしていてください!

 

以前電車についての記事を書いたと思うのですが、それだけでは分からなかった細かい部分を、今回は紹介しちゃいます!!

 

前回の記事↓

これでもう列車に乗るのは怖くない!インドでの列車予約から乗車まで やぎ(インドインターン日記vol.9)

 

 

私が今回利用したのは、クラスが3Aの寝台列車です。

 

以前記事ではこのように書きましたが、

 

〜クラス表〜

 

食事

サービス

1A

あり

(ノンベジメニューなど選べる)

個室

(二段ベッド)

ACあり

・ブランケット

・枕

(バラの花?)

2A

あり

カーテンでの

仕切りあり

(二段ベット

二つ)

ACあり

・ブランケット

・枕

3A

あり

仕切りなし

通路を挟んで二段ベット2:1

ACあり

・ブランケット

・枕

SL

なし(売り子が歩きます)

仕切りなし

通路を挟んで三段ベット2:1

ACなし

 

 

その実態は、、、

 

〜食事の有無〜

 

係りの人が聞きにきてくれます。夕食は120ルピーでした!カレーやチャパティが入っており美味しそうです。

ただそれでも持ち込みが可能なので、

持ち込んで食べている人が多かった印象です。

他にも冷たい水や現地のご飯、アイスクリームを売る人は時々車内を歩いていました。

 

 

〜席〜

 

清潔感あるブルーのシート。特に柔らかい硬いなど特徴はなし。普段の列車のシートと同じもの

しかしとても綺麗です。ゴミや汚れはほとんど無し。

シートは寝るには硬いと感じる人もいるかもしれません。

 

 

 

〜寝る場所として〜

 

寝る場所としても、やはりとても綺麗です。

身長150cmの私は頭の方に荷物(20-30cm)を置いて足が少しはみ出るくらい。

横幅や高さも余裕を持って過ごすことができます。

 

 

 

 

〜サービス〜

 

2.3回席の確認をされます。

またシーツ2枚、ブランケット1枚、枕1つ、タオルが1枚もらえます。

 

ブランケットが結構ガサガサなので、2枚のシーツで体を挟み、その上からブランケットをかけることをオススメします!

 

 

 

〜雰囲気〜

とても静か。電話している人はいますが、騒いでいる人はほとんどいません。

朝になると子供達が痺れを切らして走り出す事もあります。

 

また席によってはいい人と巡り合うことができ、

ご飯を分けたりビスケットやチャイをもらったり、談笑したりと楽しい時間が過ごす事もできます。

 

 

 

 

〜人の数〜

夜は少ないが、朝になるにつれて席はほとんど埋まります。

2、3回チケットの確認があるため、無賃乗車する人はいない印象です。

 

 

 

〜人の層〜

英語の話せる人がいる確率が高いです。

また州を挟んでの列車であるため、公用語であるヒンディー語での会話が多いです。

 

 

 

乗車中には向かいの人から家族の話を聞いたり、写真を見せていただいたりと楽しい時間を過ごすことができました!

しかし、私は最上段の席だったのですが一番下の段の方が朝になっても起きなかったため、日中はなかなか下の段で座っていることができず、景色を楽しむことはできませんでした、、。

 

 

また、エアコンが天井に設置されているため、最上段はとても寒かったです!!

最上段でなくても、寝台列車を利用するときはぜひ羽織る物など防寒着を持っていくことをお勧めします!

特に夏は外は40度を超えていて、列車内は20度程度なんてことは普通にあるので、寒暖差に気をつけてください。

 

 

正直、3Aクラスは少々高いですが、その雰囲気や人の層からも、セキュリティー面で心配に思うことはあまりありませんでした。

(もちろん荷物はずっと自分の近くに置いていましたが。)

そのため、インドで快適に安心な旅をしたい場合は、値段が少し高くても3A以上のクラスの寝台列車を選ぶことをオススメします。

 

 

 

インドはとても広いです。そして地方によって言語、文化がかなり違います!

ぜひ寝台列車を利用して、インドの様々な場所に行ってみてください!

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************