インドのストリートフードを知ろう!北インド編 第一弾 やぎ(インドインターン日記 vol.17)

インドのストリートフードを知ろう!北インド編 第一弾 やぎ(インドインターン日記 vol.17)

Please click here for the English version.

 

こんにちは。やぎです。

最近1日に消費する水の量がすごいです。

しかしどれだけ水を飲んでもあまりトイレの回数は増えていません。

全部汗で出てるんですね、、、。恐ろしや、、。

 

さて今日は、そんな暑さも吹っ飛ばす、インドの美味しいストリートフードを紹介したいと思います!

数え上げたら量がかなりあったので、今回は第一弾として6つほど紹介したいと思います!

 

 

 

①アルーチョップ

     

衣がサクサクでとても美味しい!

 

これは以前ゆーきゃんが紹介したことがありますね。

スパイスで味付けされたジャガイモや豆を潰し、衣をまぶして揚げたものです!

味はカレー味ですかね(笑)

これは色々なところで売っているのですが、私の一押しは我々のオフィスから一番近い場所にある、笑顔の素敵なおじいちゃんが売っているところです!

アルーチョップは人によってはとてもスパイシーな味付けかもしれません!

初めて食べる際は慎重に!

 

 

 

②チャイ

あま〜い

 

インドといったらチャイですよね!!!

チャイとはスパイスが入った甘いミルクティーです!

電車の中でもそうですが、もちろん路上でも変えます!

大体の露店で、何かスナックやご飯と一緒にチャイが売っています。

電車旅の途中でチャイの飲み比べをしてみるのも面白そうですね!

 

 

 

③ディムトースト

パンが分厚い!

 

「ディム」とはベンガル語で「卵」です。

これは、薄くスライスした玉ねぎが入った玉子焼きを乗せたトーストです。

この玉子焼きはスパイスの味がしますが、カレー味ではありません!(笑)

辛さと塩がちょうどよく、味が濃くないため、たくさん食べることができます!

 

 

 

④フチカ

屋台は大体こんな感じ

 

これは球状になっている、中が空洞の薄い生地を揚げたものと、スパイスの効いたタレを一緒に食べるものです。

カップ状になっているのでそれでタレを掬って食べます。

これもアルーチョップ同様、人によっては辛さが苦手かもしれません。

私の周りの日本人でも「結構イケる!」という人と「嫌いだから食べない」「辛い」という人がいます。好みが分かれる味なんですね!

 

 

 

⑤チョウメン

おじさんが黙々と作ってくれます

 

これは中国語の「炒麺」から来ています。読み方も中国語のままですね。

日本でいう焼きそばに近いですかね。味はもちろんスパイシーですが(笑)

しかしカレー味というわけではありません!

塩焼きそばの味に近いと私は思います。

 

 

 

⑥ルチ

揚げてあります

 

ルティではありません!

ルティは焼いてあるものですが、ルチは揚げてあります!

これをカレーと一緒に食べるのがポピュラーな食べ方です。

これは塩と生地の味しかしません(小麦粉??)

そのため素朴な味でとても食べやすいです!

 

 

 

 

以上がインドのストリートフードの一部です!

インドには他にもチキンロールやパコラ、チキンティッカやさとうきびジュースなど、

たくさんのストリートフードがあります!

また写真が撮れ次第、ブログで紹介していきたいと思います!

 

 

インドの旅行の際には、ぜひストリートフードで、インドの味を感じてみませんか?

 

 

 

**************************************************************
ご存知ですか?
世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。
 
そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。
 
私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。
 
様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!
 
↓↓ご支援方法はこちらから↓↓
 
**************************************************************