きのこ菌床作り順調です!〜インドの村でNGO活動やってます〜

きのこ菌床作り順調です!〜インドの村でNGO活動やってます〜

こんにちは、かじこです。
無事退院しました!

 

 

皆さんお元気ですか?
私は何度も失敗された注射のあとがまだじんわり痛いです…。

 

 

インドの病院についても、後日お話したいと思っています。

 

 

さて、ビシュナプールハンセン病コロニーで行われているきのこ栽培プロジェクトですが、順調に進んでいますよ〜!

 

 

そもそも、菌床って何?

 

と思われる方も多いかと思うんですが、キノコは野菜ではなく、胞子からできるので、その胞子が育つ土壌を菌床といいます。(すごくざっくり言うと)

 

 

〜これが、完成した菌床〜

 

 

作り方はこんな感じ↓。メンバーの一部は、キノコ栽培2年目というのもあって、みんなで協力し合いながら作っています。和気あいあいとしながらも、真剣そのもので、とてもいい雰囲気。

 

 

〜藁の準備をする(前日)〜
特殊な薬を混ぜた水に一晩つけます

 

〜藁を煮、冷まし、水気を切る(作業当日朝)〜
大きな鍋で煮て、数時間放置します

 

 

〜藁を広げるビニールシートの除菌清掃〜(昼過ぎごろ)
昨年は虫被害が出たので、要注意です

 

 

〜ビニールに細工をする〜

 

 

〜菌種と藁をミルフィーユの様に順番に重ねていく〜

 

 

 

5段〜6段程になったら、上をゴムで結び、全体に空気穴を開けて完成です。

 

 

〜きのこ部屋に入れて終了〜
約2週間後から水吹きを開始します

 

 

 

 

この、チョンチョンはプロジェクト2年目の経験者。かなり様になっています。息子にも懇切丁寧に教えています。

 

 

完成した菌床のうち、既にいくつかは胞子が出始めています。今から収穫が楽しみです。

 

 

来週辺りには販売トレーニングを始める予定です!

 

 

**************************************************************

ご存知ですか?

世界には社会から隔絶されたハンセン病回復者の村があることを。

 

そこに住む人々が1日1ドル以下で暮らしていることを。

 

私たちはそんなハンセン病回復者のために自立支援活動を行っています。

 

様々な形でインドハンセン病回復者の方の支援が出来ます!

 

↓↓ご支援方法はこちらから↓↓

**************************************************************