Monthly Archives: April 2014

ハンセン病とは

1.臨床としてのハンセン病

ハンセン病は、古くは聖書や日本書紀に記載されている人類の歴史上最も恐れられてきた病気の一つです。
ハンセン病は、らい菌(Mycobacterium leprae)が主に皮膚と末梢神経を侵す慢性の感染症であり、現代では治療法が確立されていて完治する病気となりました。しかし、治療法が確立する以前は、その病の外見(顔面や手足の指の変形)や感染の恐ろしさから「業病」、「天刑病」と呼ばれ、ハンセン病に罹患した人はいわれのない厳しい差別を受けてきました。

1873年にらい菌を発見したノルウェーのアルマウェル・ハンセン医師の名前をとり、ハンセン病と呼ばれるようになります。らい菌の増殖速度は非常に遅く、潜伏期間は約5年であるが、20年もかかって症状が進む場合もある。最初の臨床症状は皮膚にできる赤・赤褐色の斑点で、痛くも痒くもなく、患部を触っても感覚の無いのが特徴です。感染経路はまだはっきりとはわかっておらず、治療を受けていない患者との頻繁な接触により、鼻や口からの飛沫を介し感染するものと考えられています。ハンセン病の原因となるらい菌は非常に弱い菌で、ほとんどの人は自然の免疫があるため、たとえ感染しても発症することはまれです。初期に治療を開始すれば障害も全く残らないのですが、治療をせずに放置すると身体の変形を引き起こし障害が残る恐れもあります。
(参考出典:日本財団)

leprosydisability-hand
【手の指に後遺症による変形が残るハンセン病快復者の女性】

2.インドハンセン病コロニー

2010年度末の新規患者数は約22万8千人です。(2010年WHO) その内の約13万人がインドで発症しており、続いてブラジルの3万5千人、インドネシアの1万7千人です。インドはWHOの発表によりハンセン病の制圧が宣言されているが、いまだ新規患者は後を絶たず、世界中で新規患者数が最も多い国といわれています。

ハンセン病快復者やその家族が厳しい差別によって故郷を追い出されて、彼らが寄り集まって作られたのがハンセン病コロニーです。調査できている範囲だけでも、インド全土に700箇所以上あるといわれていますが、コロニー数、新規患者数共に正確に把握しきれているわけではなく、これ以上の数があるといわれています。物乞いをするために、町の繁華街や駅の近くに点在していることが多いのですが、浮浪していたハンセン病患者やハンセン病快復者が勝手に住み始めてコロニーを形成していることが多いため、政府からの援助を受けているコロニーはほとんどなく、そこの土地の所有者に追い出されたり、近隣の住民に家に火をつけられたりするケースもあります。

vsucolony
【支援活動によって笑顔が戻ってきたハンセン病コロニーに住む人々】

3.インドハンセン病コロニーが抱える5つの問題
インドハンセン病コロニーに住む人々は、近隣住民の厳しい差別のために、様々な問題を抱えて暮らしています。彼らの抱える問題は、大きく分けて下の5つ問題に分類されます。

【1.劣悪な環境】
ハンセン病コロニーの多くは基礎的なインフラが整っておらず、コロニーによっては家屋すらまともにないスラム同様の環境のところもあります。

【2.就労機会の欠如】
インドではハンセン病に罹患すると、カースト(職制)から外されて、不可触民となってしまいます。不可触民は、物乞い以外の仕事に就けないというのがカーストの考えですから、彼らは職を得ることができず、物乞いで生計を立てることを余儀なくされています。

【3.教育機会の欠如】
ハンセン病コロニーで生まれた子供たちは、たとえ健常者であったとしても、ハンセン病コロニーに住んでいるというだけで、近隣住民から差別されます。差別によるいじめは後を絶たず、学校に通えなくなってしまう子どもたちがたくさんいます。また、貧困によって児童労働(物乞いや仕事の手伝い)を余儀なくされて学校に通いたくても通えない子どもたちもいます。

【4.医療の欠如】
ハンセン病は現在では完治する病気になりましたが、不治の病の時代にハンセン病に罹患した人々は、現在でも顔面や手足の変形、失明などやひどい後遺症を抱えています。そうした後遺症のあるハンセン病回復者への住環境面、身体面でのケアが十分に行われていないのが現状です。

【5.差別・偏見】
ハンセン病が治っても、不可触民としてのスティグマは払拭されず、根強い差別が残っています。それは、近隣住民による差別意識だけではなく、ハンセン病コロニーの人々自身が抱える被差別意識も含まれます。長年、厳しい差別にさらされてきた彼らにとって、ハンセン病が治ったからといって社会に出る恐怖は計り知れないものです。

docomo
【ゴミ集めをして小銭を稼ぐ親を手伝う子ども】